●○ ちんどん 鈴乃家 ○● suzunoya.exblog.jp

ちんどん鳴らしてやって来た! 福岡を拠点に活動中「ちんどん鈴乃家」です♪


by suzunoya-rieko
プロフィールを見る
画像一覧

石巻「東北ちんどんサミット」ご報告

東北ちんどんサミットから、早いものでもう1ヶ月がたちました。
早いっ!!
さらっと思いを書けなくて、なかなかご報告ができないまま・・・。
やっと落ち着いてブログにアップできるようになりました。
今回の石巻行きにご協力頂いたみなさま、
ご報告が遅れまして、本当にすみません・・・・・・。

また、今回撮った写真をアップすべきなのか迷いましたが、
私が見てきたものではありますが、
被災地のことを忘れずにいたい自分の思いと
このブログを見てくれたみなさんにも忘れないでいて欲しい
という思いから、載せることにしました。


2011.7.31 石巻のちんどん屋「寿寅多宣伝社」主催の
“東北ちんどんサミット”に参加するべく、
私ちんどん鈴乃家とアコーディオン奏者の夫 新井武人と二人で、
石巻へ向かいました。


7.30 仙台空港到着。

空港には、あちらこちらからの応援メッセージが。
a0117353_6121295.jpg

a0117353_2124794.jpg

a0117353_2191884.jpg

空港周辺にはまだ船がちらほら。
がれきの山もありました。
a0117353_2145199.jpg

a0117353_2161492.jpg

JR仙台駅へ着くと、活気もあり、
7月だったので仙台七夕飾りが。
とても大きく、きれいでした。
a0117353_21933.jpg

大阪の華乃家おケイさん、石巻のちんどんサックスめぐっぺ、
そして、ご縁のあった りっちゃんと先輩!!(顔が切れててすみません!)
みんなで前夜祭をしました~。
普段は飲まない日本酒、宮城のお酒を飲んで東北応援!!
a0117353_21115688.jpg

a0117353_21121570.jpg

二次会は、めぐっぺの行きつけの昭和レトロなお店~。
地震があった日のこと、石巻のこと、
ちんどん屋のことなどなどなど・・・色々話しました~。
a0117353_21134146.jpg

その日は、仙台市内のホテルに宿泊。
朝4時頃、ギシギシギシ・・・と左右に建物が揺れ、その音で目を覚ましました。
長い揺れの後・・・「え!?私どうしたらいいんだろう!?」と思いましたが、
とりあえず携帯を見たりして、大丈夫そうなんで、また寝ました。
東北・関東のみなさんは、
頻繁にこんな不安な夜を過ごしていたのか・・・と思いました。



7.31 東北ちんどんサミット

朝起きてテレビを見ると、とあるローカル番組。
避難所の様子をリポートしてました。
福岡では見ることができない様子でした。
「あれ?まだそんなに大変な状況の避難所が・・・」
正直そう思いました。
福岡にいて見るテレビでは、少しずつ見ることが減っていた悲惨な状況。

仙台在住のりっちゃん。
東北行く前に、福岡で知り合いました。
「今度石巻に行くんです!」
東北に知人のいない私たちにとっては、りっちゃんが頼り!!
行き当たりばったりの私たちに、快く手を差し伸べてくれました。
りっちゃんの運転で仙台から石巻へ。
石巻へ着き、まずは寿寅多宣伝社親方の相澤氏へごあいさつ。
相澤さんは、石巻で「La Strada」というライブハウスもされおり、
今回の震災でそのライブハウスは取り壊しに・・・。
でも、石巻の新たな場所で、ライブハウスを再開することに!
ご自身も被災される中、東北ちんどんサミットを開催を決意。

実は、この開催を決意されたツイートを見て、
私は“東北ちんどんサミット”の存在を知りました。
そこから連絡を取り、参加へとつながりました。
(後押しして下さった華乃家さんにも感謝!)

福岡での東北ちんどんサミット応援チャリティーライブに
参加してくれたみなさんからの思いとメッセージを
相澤さんにお渡ししました。
a0117353_21394394.jpg

ちんどんをする前に、石巻の駅前商店街周辺を歩きました。
瓦礫はほとんど撤去されており、
商店街では営業再開しているお店もちらほら。
とはいえ、砂埃がしており、川へ近付くとなんとも言えない臭いが。
信号は復旧しておらず、警察官が誘導していました。
a0117353_21595714.jpg

a0117353_2202248.jpg

a0117353_221338.jpg

a0117353_2212082.jpg

a0117353_2215449.jpg

a0117353_2265712.jpg

a0117353_2271020.jpg

商店街の空き店舗で写真展をしていたので立ち寄りました。
震災前の石巻のきれいな風景。
そんな写真集を製作中のカメラマンの方とお話しました。
その方も被災者。
地震のあった当日は、仙台市内から実家のある石巻まで
両親の安否を確かめに自転車で5時間かけて行ったそうです。
そして、カメラで被災の様子も。
その写真も見せて頂きました。
思わず息をとめてしまった、その写真の数々。
こんな私でも思い出すと、今でも涙が浮かんできます。
その方は、ある日から被災状況の写真を撮るのをやめたそうです。
そして、その日から、元気だったころの美しい石巻の写真を集め出したそうです。
前へと向いたその表情はとても心強いものでした。

La Stradaに戻って、支度です!
今回の参加は、
石巻:寿寅多宣伝社
秋田:ダースコちんどん隊
東京:月島宣伝社 / あづまや / 楽士のみなさん
大阪:華乃家
福岡:鈴乃家
a0117353_22223244.jpg

久々にお会いする方、初めてお会いする方、
鈴乃家としてみなさんとお会いし、色んな思いがこみ上げてきました。
覚えて下さってて、本当に感激しました!励みになります!
支度しながら改めて思いましたが、
ちんどん屋さんそれぞれのカラーがあって
集まると本当ににぎやか!!
a0117353_222532100.jpg

a0117353_22255167.jpg

a0117353_22262723.jpg

a0117353_2375919.jpg

a0117353_22265470.jpg

いよいよ、まちまわりスタート♪♫♪
都チームと地方チーム(笑)に分かれてパレード。
石巻の町にちんどんの音が響きます。
a0117353_22275741.jpg

a0117353_22292840.jpg

a0117353_22295345.jpg

a0117353_22301920.jpg

a0117353_22303733.jpg

a0117353_22312715.jpg

a0117353_22314815.jpg

a0117353_22321516.jpg

a0117353_2232345.jpg

a0117353_2233331.jpg

a0117353_22333314.jpg

そして、La Stradaで“東北ちんどんサミット”はじまりました!
まずは、寿寅多宣伝社!
親方サックスと朋子さんのちんどん、Be-inマスターのゴロス。
相澤さんの頭には“東北ちんどんサミット手ぬぐい”!
(色とメッセージがなんともいい!!!!!)
朋子さんは“東北ちんどんサミットTシャツ”!
(これまた、かっくいいんっす!!!!)
そして、Be-inマスターのやわらかな笑顔が印象的でした!
お客さんとやり取りしながら、曲を進めていく雰囲気が
とてもアットホームで和やかでした♪
a0117353_22373162.jpg

続いて、秋田よりダースコちんどん隊!
みなさんのストラップやバックの柄が、鈴乃家の帯と同じだったんです!!
気が合いますなぁ~♫
れんげちゃんが、レンゲだったとは!!
みなさんキュートな衣装!
a0117353_22393723.jpg

南からやって来ました鈴乃家の出番!
思いが溢れすぎて、話が長くなってしまいました~。ははは~。
この日の為に“博多みやげ”という踊りを準備しました。
そして、炭坑節でお客さんと一緒に盆踊り~。
a0117353_2253454.jpg

a0117353_22524561.jpg

a0117353_22532010.jpg

お次は、大阪の華乃家おケイさん&福人くん。
おケイさんを見る度に“華”が似合うな~とつくづく思います。
そして、お会いする度に増すチャーミングさに
胸を焦がされます・・・はぁ~♪
a0117353_22475934.jpg

・・・からの、東京合同チーム!
サックスのうねりと大漁旗が出てきた時には、本当に涙が出ました。
a0117353_22555053.jpg

最後は、宮城県石巻市の北村で、大正14年の結成以来、
運動会など地域の催しを中心に、
80年以上もジンタを奏で続けている北村大沢楽隊!!
すごい!!!!!
(楽隊のみなさんの帰り際、お見送りに行ったのですが、
車内にいたリーダーでクラリネットの渡辺さんから
ガラス窓越しに「チュー」をねだられ、
光栄のような、そうでもないような・・・笑)
a0117353_22595223.jpg

最後は出演者全員で大合奏!!
a0117353_234711.jpg

会場にはギュウギュウのお客さん。
足を運んで下さり、そして私達にも温かい言葉をかけて下さって、
本当にうれしかったです。

次の日に開催される“川開き祭り”前夜祭ということもあり、
川では灯篭流しが行われていました。
a0117353_236797.jpg

a0117353_2362448.jpg

a0117353_2364978.jpg

a0117353_237158.jpg




8.1 お別れの日

宮城での時間は、あっという間でした。
帰りの飛行機までのわずかな時間、
相澤さんにお願いして、おケイさんと一緒に石巻の他の地域へ
連れて行ってもらいました。
前日お昼~夜まで、ちんどん屋でにぎやかに通った道、
朝には水がどこからともなく染み出てきて、道路が水浸しに。
毎日だそうです。
震災当日避難場所にもなっていた、小高い丘にある神社へ。
そこからは、沿岸部が見渡せました。
前日歩いて見渡した様子とは、また違い、
ほとんどが流されてしまった町の景色。
震災当日、そこへ逃げてきたみなさんは、
そこから自分たちの町が流れて行くのを見たそうです。
言葉が出ませんでした。
a0117353_2328304.jpg

a0117353_23284255.jpg

a0117353_23285669.jpg

a0117353_2329754.jpg

相澤さんの車で沿岸部へ降りてみました。
やはりそこの道路にも水があふれていて、先へは行けませんでした。
ボロボロになった建物。
油のような臭い。
遠くから見ると瓦礫ですが、足を踏み入れると、そこには生活の跡が。
子どものおもちゃや音楽の教科書。
テレビのリモコンに割れたお茶碗。
a0117353_2349389.jpg

a0117353_2350130.jpg

a0117353_23501487.jpg

a0117353_2357356.jpg

だけど、そんな中にも新しい命が芽生えています。
5月頃には生えていなかったらしい雑草や花。
復興への希望が垣間見れ、こちらが勇気をもらったように思います。
a0117353_23543076.jpg

a0117353_23544145.jpg

バスで仙台へ。相澤ご夫妻とのお別れ。
博多から持ってきたお土産「にわか煎餅」のにわか面をつけ、
手を振ってくれました~。
a0117353_23564577.jpg



今回、こうして東北のちんどん屋さんと出会えたこと。
石巻のみなさんに笑顔を届けられたこと。
みなさん、前を向いて歩み出していること。
そんな気持になれない状況の人たちが、まだまだいること。

今回で決して終わりではなく、
ちんどん鈴乃家にとっては“スタート”だなと思いました。
被災地の一部ではありましたが、実際に目の当たりにして、
私にできることなんて、本当に小さなことなんだろうなと。
でも、大きな流れは大きなものに任せて・・・
私はちんどん屋として、目の前のお客さんが喜んでくれるようなことを
一生懸命やって行こうと思いました。

つまり・・・私のちんどん屋人生にとっては、大きな大きな出来事。
よし!!また行きますからね!!



- おまけ -

「寿寅多宣伝社謹製 久原大河画伯デザイン
   東北ちんどんサミット開催記念 お手ぬぐい & Tシャツ」
□お手ぬぐい ¥1,500
□東北ちんどんサミットTシャツ 黒 / ベージュ ¥2,500
 サイズS・M・L
a0117353_022047.jpg

モデル:アコーディオン兄弟

こちらで購入できるそうです!
galabox
by suzunoya-rieko | 2011-09-03 00:23 | お知らせ